2022年11月2日(水)「Jenkins Day Japan 2022」オンライン開催のご案内


Jenkins Day Japan 2022

 

今年もJenkins Day Japan 2022は、オンライン開催をいたします。

Jenkins Day Japanは、2017年に開催を皮切りに、今年2022年で6回目を迎えます。
今年も、「CI/CD、DevOps、DevSecOps」のキーワードをテーマとして、日本におけるソフトウェア市場を盛り上げるため、「Jenkins」を活用した運用の紹介や、Jenkinsに限らず、「CI/CD」「DevOps」を組織的に取り組まれている企業の事例をご紹介いたします。開発の効率化・ソフトウェア品質の向上を目指されているソフトウェア開発者の方や、組織としてのDevOpsやデジタルトランスフォーメーションにご興味のあるリーダーやマネージャーの方におすすめのセミナーとなっています。

多彩なゲストをお招きし、さまざまなテーマで講演をしていただきます。ぜひ、ご参加ください。
 


セッションの一部をご紹介

デジタル時代のアーキテクチャと開発組織(仮称)」
講師:株式会社日本総合研究所 加藤 研也 氏

伝統的な金融機関がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める上で、克服すべき課題はたくさんあります。全く新しいビジネスモデルを実現するDX推進のみが注目されがちですが、既存IT資産のモダナイゼーションも非常に重要です。本セッションでは、こうした背景のもと、デジタル時代のアーキテクチャをどう捉えているのか、また、日本総研がどのような変革に取り組んでいるのか、をご紹介いたします。

「モンスターストライク と Jenkins」
講師:株式会社ミクシィ 松原 信忠 氏

『モンスターストライク』のサーバーサイド開発では、CI/CD 環境として Jenkins を自分たちで運用しながら利用しています。どのような構成で運用しているのか、利用しながら生じた課題をどのように解決したのかを紹介します。例えば、Jenkins エージェントを自動でスケールさせるためのアプリケーションを自分たちで作っていることや、Jenkins のアクセス制御に自作のゼロトラストプロキシを利用していることなどをお話します。

「開発者体験を改善する5つの実践テクニック」
講師:川口耕介氏 Launchable inc / CEO

テストの自動化は済んだ。開発者の全てのチェックインに対してテストが走っている。人生は上々だ!...本当に?
年商40億円のSaaS会社がテストの自動化をした後に何を発見したのか、そして彼らがどのような施策をしてテストをより効率的に、開発者をハッピーにしたのかを紹介します。


この他にもJenkinsの最新技術や、CI/CD環境構築に役立つさまざまな製品を紹介する講演もあります。
貴重な講演が聞ける機会となっておりますので、ぜひ、ご参加ください。