CloudBees CI (旧製品名:CoudBees Core)


cloudBees-ci

CloudBees CI

組織的なCI/CD運用を実現する

 

CloudBees CIとは?

CloudBees CIは、OSSのJenkinsを拡張した継続的インテグレーション/継続的デリバリーのプラットフォームです。
Jenkinsの管理のしやすさとセキュリティを拡張するためのエンタープライズ機能を提供します。
また、専門知識を持つJenkinsエキスパートが、チーム・プロジェクトにおけるJenkinsの有効利用をサポートします。

CloudBees CIで、ユーザーやアクセス権限を一括で管理・制御

 

ユーザーやアクセス権限を
一括で管理・制御

CloudBees CIのOperations Centerで
複数のJenkinsを管理

Operations Centerで
複数のJenkinsを管理

CloudBees CIは、チームや処理の増加に合わせて柔軟にスケール

チームや処理の増加に合わせて、
柔軟にスケール


CloudBees CIの主な機能

・テクニカルサポート
・インストールとアップデート
・企業規模での継続的デリバリー
・コンテナの利用
・チームマネジメント
・セキュリティ
・クラウドとの親和性
・開発者の生産性向上
・ビルドやコントローラー(旧:マスター)の障害復旧
・リソースの最適化
・組織向けの分析機能

CloudBees CIの主な機能


Jenkinsの魅力の1つとして、コミュニティの大きさから豊富なプラグインがあります。1400以上のプラグインを利用することができます。

しかし、どのプラグインがお互いの互換性があるのか把握するのは、難しい作業です。 CloudBeesでは、認証プラグンをご提供しています。

CloudBees CIでは、管理をさらに容易にする有償プラグインを多数ご用意しています。

Operations Center

 

Operations Centerで複数のJenkinsを管理

Operations Centerは複数のJenkinsを管理する機能です。煩雑になりがちな複数のJenkinsの管理を簡単に行うことができます。複数チームで1つのJenkinsを利用する必要がなく、チームごとに個別のJenkinsを提供できます。また、全てのJenkinsからエージェントとして利用できる共有エージェント機能やコントローラーごとのプラグインアップデートセンターを独自に作成する機能など、組織的にJenkinsを利用する際の管理を支援する機能が多く搭載されています。

共有エージェント

 

共有エージェント

Operations Centerを利用することで共有エージェントを設定できます。
共有エージェントとは、複数のJenkinsから共有して利用できるエージェントノードのことで、OSSのJenkinsではそれぞれのコントローラーごとに登録する必要がありました。また、複数のコントローラーでの共有はできませんでした。Jenkinsではビルド実行時の分散ビルドシステムとしてエージェントでの実行が可能ですが、組織的に複数のJenkinsを最適化するのはとても困難です。
共有エージェントのシステムがあれば、複数のJenkins全体のCI実行を最適化して、理想的な分散ビルドを実現できます。

セキュリティの集中管理

 

セキュリティの集中管理

ユーザーと権限の管理をOperations Centerで一括で行うことができます。それぞれのJenkinsでは一括で管理されているユーザーの権限でログインを行うことができ、Jenkinsを新しく構築するたびにユーザーの設定などを行う必要がなくなります。コントローラーごとにもアクセス権限が設定できるので、プロジェクト単位で権限のあるユーザーしかアクセスできないJenkinsを立てることも可能です。

Jenkinsビルドプロジェクトの自動フェイルオーバーと復旧

 

Jenkinsビルドプロジェクトの
自動フェイルオーバーと復旧

Jenkinsがダウンした際には自動で復旧され、ジョブの実行中だった場合は、初めから、あるいはチェックポイントからジョブが自動的に再実行されます。
また、Operations Centerとコントローラーの高可用構成もとることができるため、「止まることのない」CI/CDの仕組みを提供することが可能です。

高度な分析、監視、アラート

 

高度な分析、監視、アラート

各Jenkinsのシステムやビルドのメトリクスを自動で収集してグラフ化して表示します。成功しているプロジェクトの確認やうまくJenkinsが使えていないプロジェクトへの横展開のために使うこともできます。また、システムの負荷も確認でき、リソースが逼迫しているようであればコントローラーの追加やエージェントの追加、マシンスペックの強化といった対応で問題を解消できます。

CloudBees Support

 

CloudBees Support

Jenkins本体やプラグインのバージョンアップをした際に、Jenkinsの動作が安定しなくなる、Jenkinsが動かなくなる、といった経験はありませんか?
CloduBees CIではCloudBees社によって検証されたJenkins本体とプラグインを利用することができます。そのため、バージョンアップのたびに動作検証を行うような必要もなく、常に最新バージョンへクリック1つでバージョンアップが可能です。また、エラーが発生するような場合でもテクニカルサポートがあるため、CI/CDのダウンタイムを抑え、安定した環境を利用することができます。