Jenkinsを活用した運用や、CI/CD、DevOpsの取り組みをされた企業事例を紹介!
今年もJenkins Day Japan 2021を12月10日(金)に開始します。

 今年は「CI/CD、DevOps、DevSecOps」のキーワードをテーマとして、日本におけるソフトウェア市場を盛り上げるため、「Jenkins」を活用した運用の紹介や、Jenkinsに限らず、「CI/CD」「DevOps」を組織的に取り組まれている企業の事例をご紹介いたします。 開発の効率化・ソフトウェア品質の向上を目指されているソフトウェア開発者の方や、組織としてのDevOpsやデジタルトランスフォーメーションにご興味のあるリーダーやマネージャーの方におすすめのセミナーとなっています。多彩なゲストをお招きして登壇していただきますので、ご参加ください。

- Jenkins Day Japan 2021 -の詳細はこちら


Jenkinsを拡張したCI/CDプラットフォーム - CloudBees CI

CloudBees CIは、Jenkinsの機能を大幅に拡張し、組織的に利用するために最適化したCI/CDプラットフォームです。Jenkinsの管理のしやすさとセキュリティを拡張するためのエンタープライズ機能をプラットフォーム管理者に提供。Jenkinsに関する専門的サポートを提供するのと同時に、増え続けるチーム・プロジェクト・ジョブのために増え続けるJenkinsの管理を支援します。


CloudBees CI

CloudBees CIは、OSSのJenkinsを拡張した継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリー(CD)のプラットフォーム。CI/CD実現に向けて多くの課題を解決します。

・ユーザーやアクセス権限を一括で管理・制御
・Operations Centerで複数のJenkinsを管理
・チームや処理の増加に合わせて柔軟にスケール


CI/CD支援ソリューション

これからCI/CDの導入を検討される方に向けて、Jenkinsを活用したCI/CD環境構築・支援サービスをご提案いたします。
CI/CD支援ソリューションとは?
CI環境アセスメントサービス
CI環境構築サービス
CI/CD運営支援サービス

クラウドネイティブ実践道場

なぜ、Cloud Natice(クラウドネイティブ)人材が求められるのか?
クラウドネイティブ実践道場では、最⼩限の知識を⾝につけ、最⼤限のアウトプットを創出していただくため、実際の開発環境を⽤意し、クラウドネイティブなアプリケーション開発における一連のライフサイクルを体験できるトレーニングを提供しています。


Jenkins Day Japan 2020

Jenkins Day Japanは、日本のソフトウェア市場を盛り上げるため、Jenkinsを活用した運用の紹介やJenkinsに限らず、CI/CD、DevOpsを組織的に取り組みされている企業の事例をご紹介するイベントです。2020年12月に開催した講演動画の配信と講演資料のダウンロード提供をしています。ぜひ、お申し込みください。

CI奮闘記

CI/CDを会社に定着させていく形式で進んでいく連載記事です。CI/CDについての概要の説明はもちろん、時には実演を伴って一緒に読み進めていくことによりCI/CDを理解し、実践できることを目的としています。
物語スタートの第1章から、ぜひ閲覧ください!
【CI奮闘記】第1章:Jenkinsを使う事=CI/CDではない


お問い合わせ

テクマトリックス株式会社
ソフトウェアエンジニアリング事業部

テクマトリックス株式会社