Jenkins Day Japan 2019


Jenkins Day Japan 2019 | テクマトリックス株式会社

2019年10月11日(金)開催「Jenkins Day Japan 2019」

今年で3回目となる国内最大級のJenkinsイベント「Jenkins Day Japan 2019」を2019年10月11日12:40-18:00(金)ベルサール御成門タワーで開催しました。

Jenkinsの開発者である川口耕介氏に登壇をしていただき、JenkinsとCI/CDをリードするエンジニアから、最先端の取り組みや成功事例について講演していただきました。

お蔭様で、盛況のうちに終えることができました。ありがとうございました。

Jenkins Day Japan 2019の講演資料ダウンロードは準備中です。


<<特別講演>>

Session 1

Avi Levi 氏

Taboola 社

Product Lead, Release Engineering & DevOps

【経歴】
Avi氏は、過去6年間Taboola社で“リリースエンジニアリング&DevOps”の責任者を務めています。“リリースエンジニアリング&DevOps”はR&D部門に属し、社内のソフトウェアリリースを促進するインフラストラクチャ、プロセス、ツールを担当する開発グループです。
それ以前も、Avi氏の情熱の対象は“品質”でした。Taboola社の10人目の従業員として、Avi氏は最初のQA チームを作り上げました。このQAチームは後に、ソフトウェアリリースの速度と品質を保ちつつ、R&Dをさらに拡大するために、テストインフラストラクチャチームへと変貌を遂げました。今日では製品リードを務めるAvi氏は、リリースエンジニアリング領域のビジョン、ロードマップ、製品について責任を負っています。それらの製品は世界中の何百人ものエンジニアが大規模なプロダクション環境へデリバーすることを可能にしています。
Avi氏は、プロセスの自動化、信頼性、生産の保護/品質、開発者の生産性といったテーマに情熱を注いでいます。現在、エンジニア/開発者を主要顧客とみなしてデータ駆動型の意思決定アプローチを使用しながら、Taboola社のリリースエンジニアリング製品をセルフサービスの考え方を持つものに変換することに取り組んでいます。
また、知識の共有はAvi氏の信念のひとつです。自身のソリューションを業界の他の企業と共有するだけでなく、アイディアやベストプラクティスを積極的に交換しています。

【セミナータイトル】

QAからリリースエンジニアリングへの進化 R&D急成長の礎としてのCI/CD
The evolution from QA to Release engineering and CI/CD as the anchor for R&D hyper growth

【講演概要】
過去10年間、Taboola社は急成長を続けています。この成長の1つの側面は、非常に競争の激しい環境におけるクライアント、パートナー、およびビジネスの増大です。2つ目の側面は、システム運用と開発に関わるコードとエンジニアのorg/ops(組織からOps)に至る継続的な成長です。
本講演では、どのように当社のエンジニアが「独立していない集中化された他の機能と共にソフトウェアをビルド/テスト/展開する状況」から「個々のエンジニアが自身のコードのリリースとモニタリングに専念する状況」まで到達したか、その転換プロセスについて段階的にご説明します。
この種の変革で成功するための鍵となる技術的・文化的な要素、およびさらに前進するために今後達成しなければならない事柄についても触れたいと思います。また、当社が自身に設定した原則と戦略をご紹介します。約100台のJenkinsマシンで構成されるエコシステムを主な推進力として使用し、他の多くのシステムやALMサービス(Git、Jira、K8s、Seleniumなど)と相互作用しつつ、ビルドとCIパイプラインの合理化をどのように成功に導いたかについてお話しします。


Session 2

Daniel Ritchie 氏

Broadridge 社

【経歴】
Daniel氏は、Distinguished Engineerであり、CI/CDの実装やDevOps主導の文化への移行、そしてシステム統合、ワークフロー設計、構成の自動化、オンプレミスとクラウドのパフォーマンス最適化といったその他の取り組みを推進しています。拠点はコロラド州デンバーです。

【セミナータイトル】

Broadridge社におけるDevOpsの進展
DevOps Journey at Broadridge

【講演概要】
2016年、Broadridge Financial Solutionsはデリバリー戦略としてDevOpsの追求を選択しました。
本講演では、Broadridge社が経験したDevOpsの変革についてお話しします。また、アプリケーション開発者、システム管理者、インフラストラクチャ エンジニア、およびテクニカル サービスの担当者を含め、さまざまな機能分野にわたるインテグレーションに焦点を当ててご説明します。


Session 3

Jenkins Day

テクマトリックス株式会社/CloudBees 社

【セミナータイトル】

DevOps World | Jenkins World 2019レポートと
最新ソリューションのご紹介

【講演概要】
本講演では、2019年8月にアメリカ サンフランシスコで開催された「DevOps World | Jenkins Word 2019」の概要をご報告します。また、CI/CD, DevOps, DevSecOpsに関連する最新のソリューションをご紹介します。


Session 4

川口 耕介 氏 (Kohsuke Kawaguchi)

CloudBees 社

Chief Scientist, CloudBees, Inc. | Creator of Jenkins

【経歴】
- Sun Microsystems在籍時に仕事の片手間にJenkinsを作り始める
- Oracleによる買収後、CloudBeesへ
- CloudBeesのJenkins専業化に伴いCTOに就任

【セミナータイトル】

GitOps, Jenkins X, CI/CDの未来

【講演概要】
CI/CDプロセスというのは、かつては部署ごとにDevOps技術者が自作するものでした。しかし、Kubernetesやクラウド・ネイティブの台頭によって、そうした取り組みは急速にレガシーになりつつあります。これらプラットフォームの高い抽象化によって、ソフトウェア業界が時間をかけて見つけてきた様々なベスト・プラクティスを統合し、開発者から隠蔽して単純化し、単一のプラクティスに結晶化させる事が可能になったのです。そのプラクティスこそが「GitOps」であり、これを実現するのがJenkins Xです。
本講演では、GitOpsとJenkins Xがクラウド・ネイティブなウェブアプリケーションの開発を如何に簡単で効率のよいものにするかを見ていきます。


<<開催概要>>

 

会期:2019年 10月11日(金)| 会場:ベルサール御成門タワー(東京)

名称 Jenkins Day Japan 2019
会期 2019年10月11日(金) 12時40分~18時00分(12時から受付開始)
会場 ベルサール御成門タワー 3F (会場のご案内

〒105-0011 東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー ベルサール御成門タワー3F
(最寄駅:都営三田線「御成門駅」直上)

お申し込み 事前登録制(ご参加の際に、お名刺を一枚ご用意をお願いいたします。)
※同業他社および当社の競合企業にあたる企業の方のお申し込みは、ご遠慮いただく場合がございます。
※セミナーの内容は変更になる場合があります。ご了承をお願いいたします。
参加費 無料
定員 300名
主催 テクマトリックス株式会社
来場対象 ・Jenkinsをこれから利用、または利用し始めの方
・継続的インテグレーション/継続的デリバリーの導入に取り組んでいる方
・ソフトウェア開発の効率化をお考えの方
お問い合わせ テクマトリックス株式会社 ソフトウェアエンジニアリング事業部
TEL:03-4405-7853

 


<<スケジュール>>

 

会期:2019年 10月11日(金)12:40-18:00

※セミナーの内容、スケジュールは変更になる場合があります。

時間割 セミナータイトル・項目 講師
12:00-12:40 受付開始(12時~)
12:40-12:50 開会・ごあいさつ
12:50-14:00
Session1
QAからリリースエンジニアリングへの進化
R&D急成長の礎としてのCI/CD
※逐次通訳となります。
Avi Levi 氏
Taboola 社
14:00-14:10
休憩(10分)・デモ展示
14:10-15:20
Session2
Broadridge社におけるDevOpsの進展
※逐次通訳となります。
Daniel Ritchie 氏
Broadridge 社
15:20-15:30
休憩(10分)・デモ展示
15:30-16:30
Session3
DevOps World | Jenkins World 2019レポートと最新ソリューションのご紹介
※CloudBees社の講演は逐次通訳となります。
テクマトリックス株式会社
ソフトウェアエンジニアリング事業部
/CloudBees 社
16:30-16:40
休憩(10分)・デモ展示
16:40-17:40
Seesion4
GitOps, Jenkins X, CI/CDの未来 川口 耕介 氏
CloudBees 社
17:40-18:00 全体の質疑応答/アンケート
18:00 閉会

 

セミナーに際しての注意事項

・講演内容の録音・録画は禁止させていただきます。
・講演内容の資料の複製や無断転載は禁止させていただきます。
・運営を妨害する行為、他の参加者様への迷惑行為が見られた場合は、ご退席いただく場合がございます。
・セミナー会場には駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
・天災や交通機関のストライキ等により、止むを得ず開催を中止、もしくは時間の変更を行う場合がございます。
・会場内での貴重品の紛失及び盗難につきまして、弊社では一切の責任を負いかねます。
・各テーブルでの電源の供給は行っておりません。


テクマトリックス株式会社
ソフトウェアエンジニアリング事業部
ソフトウェアエンジニアリング営業部