CloudBees DevOptics


CloudBees DevOptics

CloudBees DevOptics

CI/CDパイプラインに、可視化と洞察を

 

CloudBees DevOpticsとは?

CloudBees DevOpticsは、CI/CDを構成しているJenkinsから自動的に情報を収集し、様々なレポートを提供します。
CI/CDのパフォーマンスやDevOpsの効果を測るためのメトリクスをリアルタイムに計測、また、多くの開発チームや組織が関わる製品開発では把握が難しい、ソフトウェアデリバリープロセスの全体像を可視化し、そのプロセスにおけるボトルネックの特定をすることで、DevOpsのパフォーマンスを改善します。

CI/CDプラットフォームのモニタリング

 

CI/CDプラットフォームの
モニタリング

リアルタイムなバリューストリーム

 

リアルタイムな
バリューストリーム

DevOpsメトリクス

 

DevOpsメトリクス


CI/CD プラットフォームのモニタリング

ジョブのスケジューリング、ノードの配置の最適化が可能

CI/CDプラットフォームの稼働状況

  • ジョブの実行数
  • 稼働していないノード(スレーブ)数
  • キュー待ちのジョブ数
  • ジョブの実行までの平均待ち時間
  • キュー待ちジョブがすべて完了するまでの時間

日ごとのジョブ成功、失敗数の推移

  • ジョブが集中している日はどこか?
  • よく失敗している日はどこか?

ジョブ完了までの平均時間の推移

  • 特定の日や曜日に負荷が集中し、パフォーマンスに影響が出ていないか?

リアルタイムバリューストリーム

どこにボトルネックがあるかを明らかにし、プロセスを最適化

バリューストリームを構成する各パイプラインと
状態(成功・失敗・実行中)・チケット数・コミット数

リアルタイムなバリューストリーム

  • 複数のJenkins、パイプラインにまたがるデリバリープロセスをリアルタイムに見える化。
  • パイプラインにおいて、どのようなボトルネック(バグなど)が存在するかを簡単に特定
  • Atrassian Jiraなどと連携し、バグの詳細も確認可能

リアルタイムバリューストリーム


DevOpsメトリクス

チームごとのパフォーマンスの差を定量的に評価し、ベストプラクティスの展開や、さらなる改善を

DevOpsメトリクス

4つのメトリクスを取得

  • デプロイ頻度
  • コミットからデプロイまでのリードタイム
  • 平均復旧時間
  • 変更失敗率