Jenkins Day Japan 2018


Jenkins Day Japan 2018

2018年10月16日(火) | ベルサール御成門タワー(東京)

イベントは終了しました。

Jenkins Day Japan 2018 | テクマトリックス株式会社

第2回「Jenkins Day Japan 2018」

2018年10月16日(火) 10:30-17:00(受付開始10時~)

ベルサール御成門タワー(会場のご案内

 

今年も、日本でのJenkinsを盛り上げるため、川口耕介氏をはじめ
Jenkinsをリードするエンジニアを特別講師としてお招きし、最先端の取り組みについてご講演をしていだきます。

ソフトウェアのリリーススピードを支えるCI/CDの実現やテスト自動化を検討している方、
企業の開発力と競争力の創出に役立つ内容となっております。ぜひ、ご参加ください。


イベントに残念ながらご参加いただけなかった方、Jenkins Day Japan 2018の講演内容をレポートでご報告しております。


<<特別講演>>

特別講師:1

"
Moied Wahid 氏

Experian社

• 略歴
Experian社 プラットフォームエンジニアリング部門のVice President。ソフトウェア開発、アーキテクチャ、分散システム、サービス、DevSecOpsなど幅広い経験を持ち、特にクラウドでのスケーラブルなプラットフォーム構築について豊富な専門知識を持つ。手がけたエンジニアリング ツールは、PaaS、アプリケーション ライフサイクル マネジメント、CI、ビルド、コンパイラ、開発テスト環境など多岐にわたり、生産性向上に向けた取り組みを推進し、サイクルタイムの大幅な短縮を実現している。
前職では、米PayPal社にてDirector Software Engineeringとして開発者エクスペリエンスの先頭に立つ経歴を持つ。

大企業におけるDevSecOpsの変革

・概要
DevSecOpsの複雑性が高まる一方で、多くの人々が「大企業の文化を変えるのは不可能だ」と考えています。しかし実は、DevSecOpsとはまさにそのような考えに挑むアプローチなのです。
同じPDLCでも企業によってその実装方法はさまざまですが、重要なことは、開発チームが反復の高速化と高品質なコードを実現できるように、コード変更のたびに継続的かつ迅速なフィードバックを返すことです。
本講演では、DevSecOpsの実現のために企業が想定するべき点や、コードデリバリーで発生しうる問題を排除するための継続的な取り組みについてご紹介します。

※通訳は逐次通訳となります。

特別講師:2

"
Stefan Simenon 氏

ABN AMRO Bank N.V.

• 略歴
Centre of Expertise Software Development & Toolingのトップ。ITプロフェッショナルとして、継続的インテグレーション、継続的デリバリー、ソフトウェア品質、ツーリング、DevOps、クラウド ネイティブといったトピックに熱意を注ぐとともに、これらの手法に関連する文化/組織/チームの変化、そして技術的変化のマネジメントに情熱的に取り組んでいる。ソーシングと契約のマネジメントにおいても豊富な経験を有し、複雑な交渉に対応した経歴を持つ。複数の利害関係者がからむ複雑な環境において、ソーシャル/コミュニケーション スキルと深い IT系知識を駆使し、それにユーモアのセンスを合わせてさまざまな問題を乗り越えてきた。現在は ABN AMROにおいて CICDおよびクラウド ネイティブ開発を担当している。

こうしてDevOpsは大人になっていく
初期導入の後、DevOps の取り組みをどのように拡大するか

・概要
国際的な大手投資銀行であるABN AMROでは、遠い昔、DevOpsについてのさまざまな冒険的な試みがおこなわれました。現在ではこうした取り組みは成熟し、DevOpsはサービスの市場投入を加速する全社的な取り組みにまで発展しています。
本講演では、「本質的に異なるチーム間で知識を展開するには?」「異なる技術スタックに対応するDevOpsツールチェインをどのように設計するか?」「円滑にクラウドに移行するには?」といった、DevOpsを拡大するためのまったく新しい考え方と総合的なアプローチについてご紹介します。

※通訳は逐次通訳となります。

特別講師:3

"
川口耕介 氏 

CloudBees, Inc.

・略歴

  • -Sun Microsystems在籍時に仕事の片手間にJenkinsを作り始める
  • -Oracleによる買収後、CloudBeesへ
  • -CloudBeesのJenkins専業化に伴いCTOに就任

DevOpsを前進させるCloudBeesの取り組み

・概要
ビジネスにおけるソフトウェアの重要性がいや増すにつれ、DevOpsやCDといった取り組みはもはや単なる技術的な取り組みとして片付けられるものではなくなってきました。本講演では、CloudBeesのCTOやJenkinsの創始者の立場から、今さまざま業界でどのようなことが起こっているのか、そしてそれらの変革に取り組む企業を助けるためにCloudBeesが製品やJenkinsプロジェクトを通じてどのような取り組みをしているのか、俯瞰します。


<<開催概要>>

 

会期:2018年 10月16日(火)

会場:ベルサール御成門タワー(東京)

名称 Jenkins Day Japan 2018
会期 2018年10月16日(火) 10時30分~17時00分(10時から受付開始)
会場 ベルサール御成門タワー 4F (会場のご案内

〒105-0011 東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー ベルサール御成門タワー4F
(最寄駅:都営三田線「御成門駅」直上)

お申し込み 事前登録制
(ご参加の際に、お名刺を一枚ご用意をお願いいたします。)
参加費 無料
定員 350名
主催 テクマトリックス株式会社
来場対象 ・Jenkinsをこれから利用、または利用し始めの方
・継続的インテグレーションの導入に取り組んでいる方
・ソフトウェア開発の効率化をお考えの方
お問い合わせ テクマトリックス株式会社 システムエンジニアリング事業部 ソフトウェアエンジニアリング営業部
TEL:03-4405-7853

 


<<スケジュール>>

 

会期:2018年 10月16日(火)10:30-17:00

※セミナーの内容、スケジュールは変更になる場合があります。

10:00-10:30 受付開始(10時~)
10:30-10:40 開会・ごあいさつ
10:40-12:00
Session 1
大企業におけるDevSecOpsの変革

DevSecOpsの複雑性が高まる一方で、多くの人々が「大企業の文化を変えるのは不可能だ」と考えています。しかし実は、DevSecOpsとはまさにそのような考えに挑むアプローチなのです。
同じPDLCでも企業によってその実装方法はさまざまですが、重要なことは、開発チームが反復の高速化と高品質なコードを実現できるように、コード変更のたびに継続的かつ迅速なフィードバックを返すことです。
本講演では、DevSecOpsの実現のために企業が想定するべき点や、コードデリバリーで発生しうる問題を排除するための継続的な取り組みについてご紹介します。

Moied Wahid 氏
Experian社
(元:PayPal社)
12:00-13:10
昼休憩(軽食をご用意しております。)
13:10-14:30
Session 2
こうしてDevOpsは大人になっていく 初期導入の後、DevOps の取り組みをどのように拡大するか

国際的な大手投資銀行であるABN AMROでは、遠い昔、DevOpsについてのさまざまな冒険的な試みがおこなわれました。現在ではこうした取り組みは成熟し、DevOpsはサービスの市場投入を加速する全社的な取り組みにまで発展しています。
本講演では、「本質的に異なるチーム間で知識を展開するには?」「異なる技術スタックに対応するDevOpsツールチェインをどのように設計するか?」「円滑にクラウドに移行するには?」といった、DevOpsを拡大するためのまったく新しい考え方と総合的なアプローチについてご紹介します。

Stefan Simenon 氏
ABN AMRO Bank N.V.
14:30-14:45
休憩(コーヒーをご用意しております。)
14:45-15:30
Session 3
段階的なCI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)の実現

CI/CD導入をしたいけど、どこから手をつけるべきか、CI/CDの素晴らしい効果はわかっていても、どのように実現するのかといった悩みがあるのではないでしょうか。CI/CDの導入に向けては、自動化のプラクティスを“全て”最初から行うのは難しく、段階を踏んでプロセスを成熟させることがポイントとなります。

本講義では、「段階的なCI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)の実現」に向けて、CI/CDを実現するにあたっての、障害となる事象と解決策として、CloudBees Coreの活用、またテクマトリックスのソリューションをご紹介いたします。

テクマトリックス株式会社
システムエンジニアリング事業部
15:30-16:50
Session 4
DevOpsを前進させるCloudBeesの取り組み

ビジネスにおけるソフトウェアの重要性がいや増すにつれ、DevOpsやCDといった取り組みはもはや単なる技術的な取り組みとして片付けられるものではなくなってきました。本講演では、CloudBeesのCTOやJenkinsの創始者の立場から、今さまざま業界でどのようなことが起こっているのか、そしてそれらの変革に取り組む企業を助けるためにCloudBeesが製品やJenkinsプロジェクトを通じてどのような取り組みをしているのか、俯瞰します。

川口 耕介 氏
CloudBees, Inc.
Chief Technology Officer 
16:50-17:00 全体の質疑応答/アンケート
17:00 閉会

 

イベントに残念ながらご参加いただけなかった方、ぜひ、この機会に講演資料をご確認ください!



お問い合わせ

テクマトリックス株式会社
システムエンジニアリング事業部
ソフトウェアエンジニアリング営業部

CloudBees Jenkins