CI/CD運営支援サービス


概要

構築した環境を利用する上での課題を解決し、定着するための支援をします。
最新のテクノロジー、ツールの利用の提案と構築支援を行います。

 

・内容
既に構築済のCI/CD環境に対して、OODAループを元にした改善活動を行います。

  • 情報収集:現在の運用状況を確認
  • 整理分析:運用上の課題やボトルネック洗い出し
  • 対策立案:課題や改善点から対応案を策定
  • 検証実行:対応案を環境・プロセスに反映

CI/CD運営支援サービス


CI/CD運営支援サービスのメリット

・「ツールを導入したけれど使えない、使われない」といった運用開始のお悩みを解決します。
・CI/CD環境を継続的にアップグレードすることができます。

CI/CD運営支援サービスイメージ図

ポイント

CI/CD環境では、さまざまなツールとJenkinsが連携して動くため、Jenkinsや連携先ツール単体での使い方は勿論、それらの連携が、開発プロセスとしてどのような効果を創出できるかが極めて重要となります。

CI/CD環境の構築に併せて、連動するツール群をどのように運用し、その効果を創出していけるかをガイドラインとして策定の上、計画的かつ継続的に改善(新技術取込み含む)していくことも必要です。

開発ガイドライン、運用ルールの運営支援

<改善例>


CI/CD運営支援サービスのお問い合わせ

CI/CD運営支援サービスについて詳しい紹介希望される方は、以下フォームにお問い合わせください。