CI環境アセスメントサービス


概要

・アセスメントの目的
既に構築済のJenkins環境について、継続的な利用や今後のスケールアップ、
CI/CDの計画を考慮した適切な構成であるかを明らかにします。

 

 

・アセスメントの内容
現在のJenkins環境をさまざまな観点で調査し、改善点を含めた結果をご報告します。

CI環境アセスメント


確認項目の例

確認項目 概要 観点
1.運用・保守
  • Jenkinsに関連する運用・保守の状況から、運用における潜在的な課題の有無やより効率的な管理の方法について確認します。
  • Jenkinsマスター・スレーブの数、ジョブ追加・変更時の作業内容と工数、障害発生時の復旧方法と工数、プラグインの利用状況、更新停止や非推奨プラグインの有無、Jenkinsのバージョン、Jenkinsやプラグインのバージョンアップ頻度・手順・工数、Jenkinsのバックアップ手順、頻度、範囲
2.パフォーマンス・モニタリング
  • Jenkins上で実行されるジョブの頻度や実行時間などのメトリクス情報から、現在のJenkinsのパフォーマンスの課題の有無やモニタリングの方法について確認します。
  • Pipeline(ジョブ)の実行頻度、ジョブの実行時間、失敗率、失敗から成功への平均復旧時間、失敗時の対応手順・工数
3.拡張性・柔軟性
  • 既存のJenkinsの構成から、他プロジェクトでの利用やパイプラインのジョブの追加、マスターやスレーブの追加などが容易に行えるか、また移行がしやすい構成かを確認します。
  • Jenkinsfileの利用、分散ビルドアーキテクチャ​の利用有無、共有ライブラリの利用有無、マスター・スレーブの追加手順、工数
4.CI/CDの成熟度
  • 現在のCI/CDの適用範囲、利用しているツールやテスト結果の活用状況から、CI/CDがどれくらい活用できているかを確認します。
  • 実施内容の現状と理想, 利用しているビルドツールやテストツール、Jenkinsで実行している内容(ビルド、テスト)、Jenkinsfileの利用、テストの内容と結果の保管・共有方法、テスト結果のフィードバック方法、修正状況、デプロイメントの有無
5.セキュリティ・コンプライアンス
  • Jenkinsの変更権限や証跡管理の状況から、Jenkins環境をセキュリティやコンプライアンスの観点から確認します。
  • Jenkinsのアクセス制御の有無、Jenkinsのアカウント(ユーザー)数、管理者権限での操作が可能な人数、Jenkins自体の設定変更のルール・証跡管理の有無、セキュリティ脆弱性に対する対応方法

レポート:サマリーの例

CI環境アセスメントサービス

CI環境アセスメントのスケジュール例

CI環境アセスメントサービス

CI環境アセスメントサービスのお問い合わせ

CI環境アセスメントサービスについて詳しい紹介希望される方は、以下フォームにお問い合わせください。


CI環境アセスメント

CI環境アセスメントサービス

既に構築済のJenkins環境について、継続的な利用や今後のスケールアップ、CI/CDの計画を考慮した適切な構成であるかを明らかにします。

詳細はこちら

CI環境構築サービス

CI環境構築サービス
Jenkinsの認定資格保有エンジニアが貴社の環境に合わせて、Jenkinsのインストールからジョブの作成・保守を行います。

詳細はこちら

CI/CD運営支援サービス

CI/CD運営支援サービス
構築した環境を利用する中での課題を解決し、定着するための支援をします。最新のテクノロジー、ツールの利用の提案と構築支援を行います。

詳細はこちら

jenkinsトレーニング

Jenkinsトレーニング
Jenkinsをこれから利用する方、継続的インテグレーションの導入に取り組んでいる方、さらに、Jenkinsの知識を深めたい方に、オススメの各種トレーニングを開催。

詳細はこちら