資料ダウンロード


Cloudbees Jenkins 事例・セミナー資料ダウンロード

CloudBees Jenkins 資料ダウンロード | テクマトリックス株式会社

テクマトリックスでは、CloudBees社の導入事例、セミナー講演資料、技術情報など、各種ダウンロード資料をご提供しております。
資料の入手方法は、資料ダウンロードのWebフォームよりダウンロードが可能です。

既にJenkinsを運用中でお困りの方だけでなく、これからJenkinsを使い始める方も必見の内容となっております。是非この機会にダウンロードをしてください!

導入事例 | ダウンロード

Cloudbees社のCloudBees Jenkins Solutionの各種事例をご紹介しております。

事例:BOSCH社様

Jenkins 事例資料ダウンロード | テクマトリックス株式会社

3 日のビルドプロセスを3 時間未満に短縮

継続的インテグレーションおよび継続的デリバリーで自動車業界での開発を操縦
BOSCH社は、約 4,000 人のエンジニアからなる開発組織が、おおよそ 400 のプロジェクトに分かれて、100 社程の顧客に対応しています。従来は、新機能の実装が優先され、プロセスやツールの効率を追求することは重視されていませんでした。ビルドやテストのプロセスには多数の手作業が含まれ、独自に開発されたツールや他社製のツールを使っていましたが、中には安定性に問題のあるものもありました。ツールの問題を再現するのは難しく、プロセスは透明性に欠けていました…

BOSCH様|事例ダウンロードはこちら

事例:Netflix社様

Jenkins 事例資料ダウンロード | テクマトリックス株式会社
保守の負荷とコストを最小限に

CloudBees Platform 上で同社のオープン ソース化したクラウド技術をビルド
Netflix社は、何十という内部プロジェクトをできるだけ効率的かつコストを抑えてオープン ソース プロジェクトに移行する必要がありました。「私たちはビルドをパブリックにし、それ以降もプロジェクトに関わり続ける Netflixのエンジニアや、新しく加わる外部のコントリビューターも含めた誰もが、変更の影響をできるだけ早く確認できるようにしたかった…それを解決したのが、Jenkinsベースの継続的インテグレーション用クラウドサービスです。

Netflix社様|事例ダウンロードはこちら

事例:Capital One社様

Jenkins 事例資料ダウンロード | テクマトリックス株式会社
デプロイメントの頻度が 13 倍に増加

継続的デリバリーへの投資によりソフトウェア開発パイプラインを自動化
Capital One社 で、 CI ツールおよびプラクティスの導入に取り組み始めた背景には、革新的な思考を奨励するという同社の企業文化と、自動化の採用によってソフトウェア品質を改善し、開発スピードを上げる余地があるのではないかという、一部のチームから始まりました。課題は、金融サービス企業である Capital One 社では、プラットフォームはそれ自体が安全で、そこに構築されるアプリケーションのセキュリティを向上させるものでなければなりませんでした…

Capital One社様|事例ダウンロードはこちら

技術資料 | セミナー資料

テクマトリックスが主催したセミナー講演資料、Jenkinsの技術資料のダウンロードをご紹介しております。

Jenkinsセミナー資料 | 2017年2月

Jenkins セミナー資料ダウンロード | テクマトリックス株式会社

講師:Jenkinsの生みの親、川口耕介氏
2017年2月に開催したセミナー資料
開発現場で広く利用されているCI/CDツール“Jenkins”生みの親である米CloudBees社の CTO 川口耕介氏が、DevOpsのトレンドと、それを支えるエンタープライズ版 Jenkins について講演をしていただきました。迅速なリリースを実現する新たな開発トレンドとして、アジャイルやDevOpsが注目される一方、それらを支える自動化の仕組み作りについては、まだまだ課題が多い状況ではないでしょうか?Jenkins,Redmineを活用した開発インフラ強化によるソフトウェア開発力のレベルアップを模索している方、必見の内容です。ぜひ、一読ください。

2017年2月セミナー講演資料ダウンロードはこちら

Jenkins Day Japan 2017 | イベント資料

Jenkins Jenkins Day Japan資料ダウンロード | テクマトリックス株式会社

Jenkins Day Japan | 2017年11月9日
特別講師として、ドイツよりBMW社・Bosch社のエンジニアをお招きし、産業の先進国であるドイツにおけるJenkinsの活用事例をご講演と、Jenkinsの生みの親である川口耕介氏から、Jenkinsの最新動向や運用ノウハウをご講演をしていただきました。講演資料は、ソフトウェアのリリーススピードを支えるCI/CDの実現やテスト自動化を検討している方を対象にしたもので、企業の開発力と競争力の創出に役立つ内容となっております。


●講演資料1:【BMW社】組織横断的な環境でのソフトウェア開発を加速させる、段階的なCI
●講演資料2:【Bosch社】SWEET TIMES IN JENKINS
●講演資料3:【テクマトリックス】テストのフィードバックサイクルを早めて、変更に強いソフトウェア開発を実現
●講演資料4:【CloudBees社】Jenkinsの生みの親、川口耕介氏が語る」

イベントの詳細⇒Jenkins Day Japan-2017年11月9日

Jenkins Day Japan 講演資料:ダウンロードはこちら