Jenkins Enterprise


価格やお問い合わせに関してはこちらまでご連絡ください。

 

クラウドやコンテナ技術を使い、Jenkinsとビルド環境を柔軟にスケールアウトして安定して稼動します。

新しくJenkinsを利用するチームが増えても、クリック操作だけで数分で新しいJenkinsマスターが起動されます。

組織的なCI/CDを支えるプラットフォーム

ソフトウェアの生産性向上やリリース速度向上のためにDevOpsやCI/CDのプラクティスを進めるとJenkinsの負荷がとても大きくなります。また、Jenkinsだけでなく、ビルド回数の増加と共にビルドエージェントの負荷も大きくなり、例えば常にビルドキューにジョブが残っているような状態になったり、場合によってはインフラの問題でビルドが中断されるような事態になってしまいます。

CloudBees Jenkins Enterpriseは組織的なCI/CDを支えるプラットフォームとして、どんなに頻繁にビルドを行っても自動的にスケールアウトし、安定した稼動でソフトウェア開発を支援します。

 

 

CIやCDの整備が進んでいくと、Jenkinsやビルド環境の負荷がそれに伴って大きくなります。複数のチームが頻繁なビルドを実行することで、ソフトウェアの生産性が向上する一方、Jenkinsやビルド環境にエラーが発生すると一気に開発効率が落ちてしまいます。安定した稼動のために、管理者や利用者に大幅な管理工数がかかったり、もしものために不要なPCリソースを準備しておいたりしないといけなくなります。

 

 

Jenkins Enterpriseではチームや処理の増加に合わせて、柔軟にスケールアウトする仕組みのため、組織的なCI/CDでもミッションクリティカルなプラットフォームとして安定した稼動を行います。エラーでJenkinsがダウンしても自動的に復帰する機能もあり、安心してソフトウェア開発のビルドパイプラインとしてご利用になれます。

各種 機能

複数のマスターを一括管理

 

 Operations Centerというマスターを管理するためのJenkinsがあり、煩雑になりがちな複数のJenkinsの管理を簡単に行うことができます。複数チームで1つのJenkinsを利用する必要がなく、チームごとに個別のJenkinsを提供できます。また、全てのJenkinsからエージェント(スレーブ)として利用できる共有エージェントの設定やマスターごとのプラグインアップデートセンターを独自に作成するなど、組織的にJenkinsを利用する際の管理を支援する機能が多くあります。

役割別アクセス制御(RBAC)

 

 ユーザーと権限の管理をOperations Centerで一括で行うことができます。それぞれのJenkinsでは一括で管理されているユーザーの権限でログインを行うことができ、Jenkinsを新しく起動するたびユーザーの設定などを行う必要がなくなります。マスターごとにもアクセス権限が設定できるので、プロジェクト単位で権限のあるユーザーしかアクセスできないJenkinsを立てることも可能です。

高い可用性

 

Jenkinsがダウンしたら自動で復帰する機能があり、ミッションクリティカルな処理でも安心してJenkinsを利用することができます。ロードバランスの仕組みもあり、多くのチームがJenkins Enterpriseを利用してもストレスのないCI/CDプロセスを提供します。

モニタリングとアラート通知

 

 各Jenkinsのシステムやビルドのメトリクスを自動で収集してグラフ化して表示します。成功しているプロジェクトの確認やうまくJenkinsが使えていないプロジェクトへの横展開のために使うこともできます。また、システムの負荷も確認でき、リソースが逼迫しているようであれば必要なVMを追加するだけで問題を解消できます。

動作保証とテクニカルサポート

 

 Jenkinsのプロフェッショナルによる検証が行われており、本体とプラグインの動作保証があります。そのため、バージョンアップのたびに動作検証を行うような必要もなく、常に最新バージョンへクリック1つでバージョンアップが可能です。また、エラーが発生するような場合でもテクニカルサポートがあるため、ミッションクリティカルな業務でも安心して安定した稼動をサポートが提供されます。