CloudBees Jenkins Solutions


CI/CDのための組織的な利用に最適化したJenkins
CloudBees Jenkins Solutions

世界中のソフトウェア開発で導入

CloudBees Jenkinsは、世界中のソフトウェア開発で導入をされています。自動車業界のBMW社、BOSCH社や、ストーリングメディア業界のNetflix社、金融業界のCapital One社、保険業界、コンサルティング業界など、さまざまな業種で、CloudBees Jenkinは導入されています。

CloudBees社の詳細はこちら

CloudBees


CloudBees Jenkins Team /Platform / Enterpriseの3つソリューションを提供

テクマトリックスでは、Jenkinsソリューションとして、利用の規模や目的に応じて、CloudBees Jenkins Team、Platform / Enterpriseの3つソリューションをご用意しています。
Platform / Enterpriseは、Teamを包含した製品となっております。
PlatformとEnterpriseは、組織的に利用するためのJenkinsですが、違いはクラウド環境でのスケールアウト機能の有無となります。

ライセンス体系ついてはこちら

CloudBees Jenkins Team

  • 検証されたJenkinsとプラグインのセットを提供
  • 常に最新機能とセキュリティを享受
  • テクニカルサポートにて問題の解決を支援

CloudBees Jenkins Team

CloudBees Jenkins Platform

  • 複数のJenkinsをまとめて管理
  • 全てのJenkinsからエージェントの共有
  • 一括のユーザー管理と権限設定

CloudBees Jenkins Platform

CloudBees Jenkins Enterprise

  • クラウドで自動的にスケールアウト
  • コンテナによる環境とリソースの効率化
  • 障害を検出して自動復帰

CloudBees Jenkins Enterprise


継続的インテグレーション(CI)と自動化プロセスの段階的な導入

自動化のプラクティスを“全て”最初から行うのは難しく、段階を踏んでプロセスを成熟させることがポイントです。
また、フェーズごとに必要となる対策も異なるため、現在の開発現場がどのレベルに位置するかも把握する必要があります。
段階的なCIの導入に向けて

CI/CDが成熟していくと、Jenkinsのダウンタイムがあると大幅に生産性が落ちたり、組織的に利用するためのプロセスの整備を行ったりなど、プラットフォームとしてのJenkinsに考慮する必要があります。
そのため、段階的にステップアップをしていくことを推奨いたします。


CloudBees Jenkins機能一覧

以下は、OSS版JenkinsとCloudBees Jenkins Team、CloudBees Jenkins Enterpriseの機能比較一覧になります。

Categories Features OSS Team Enterprise
コミュニティ CI/CDのプラットフォーム
コミュニティが提供する1,300を超えるプラグイン
テクニカルサポート CloudBees で監修テストされたプラグイン
検証されたJenkinsのコア
テクニカルユーザーサポート
インストールとアップデート 定期的なリリース
サポート対象バージョンへのセキュリティパッチの提供
エンタープライズ向けプラグイン
マスターインスタンスの即時立ち上げ
継続的デリバリー 複雑なビルドパイプラインの構築
パイプラインによるマスターやエージェントの障害を回避
ユーザーフレンドリーなパイプラインモデリング
企業規模での継続的デリバリー パイプラインパフォーマンスの可視化とパイプラインステージビュー
マスターやエージェントの障害からのリスタート
ブランチやプルリクエストに対応したCD環境の自動設定
コンテナの利用 Dockerを利用したパイプラインの構築
Dockerトレーサビリティ機能によるパイプラインの障害対応
クラスター全体で標準化されたビルド環境(Docker構成を含む)を共有
チームマネジメント フォルダ機能を使ったチーム編成
Folders Plus機能による堅牢なチーム編成
ビルドエージェントの動的な共有
ワンクリックマスタープロビジョニング
セキュリティ 認証情報の管理
シングル・サインオンとロールベースのアクセスコントロール外部認証
機密性のあるエージェントをチームごとに分離
クラウドとの親和性 先進のクラウド技術との統合
プライベートクラウドのサポート
Amazon WebサービスとOpenStackを標準サポート
開発者の生産性向上 GitHubプルリクエストとの連携を支援
マージ検証機能による不適切なプッシュの回避
テンプレート機能を使用したベストプラクティスの共有
ビルドやマスターの障害復旧 マスターのエラー復旧プラグイン
マスター障害の自動復旧(フェイルオーバー・高可用性)
リソースの最適化 地理的に分散したビルドエージェントを高速化
高負荷時のスロットルビルド(優先ビルド)
組織向けの分析機能 稼働状態の監視とアラート
パフォーマンス分析用のダッシュボード
全マスターのプラグイン使用状況の把握